更新日2020年04月01日 公開日2020年03月15日

【dカード GOLD】家族カードのメリット【知ってる人だけ得をする】

【dカード GOLD】家族カードのメリット【知ってる人だけ得をする】
クレカ
クレカ
dカード GOLDの家族カードって何かメリットはあるの?
むしろ活用しないのはもったいないぐらいさ!これから詳しく解説していくね!
クレオ
クレオ

ゴールドカードの枠を超えて人気を博しているドコモのdカード GOLD

作成するメリットの1つとしてよく家族カードが挙げられていますが、それもそのはず。

dカード GOLD1枚を所有するより、割安な年会費で持てる家族カードを作った方が普段の何倍にもお得に利用できるからです

そこでここからは、dカード GOLDの家族カードのメリットを中心に解説します!

今回の注目ポイントは以下の7つ

以上を中心に解説していきます。

それでは早速いってみましょう!

もくじ

解説しているクレジットカード

dカード GOLD(家族カード)の年会費やETC

まず最初に知っておきたいこと
クレカ
クレカ
家族カードの年会費っていくらかかるの?
それがとってもお得なんだ!作成できる対象者も一緒に見てみよう!
クレオ
クレオ

それではまず最初は、dカード GOLD(家族カード)の基本情報について解説します。

家族カードを発行することで、実質的な年会費やETCのポイントがかなりお得になります。

ここでは家族カードの年会費・ETC・作成できる人について解説していきます。

dカード GOLD(家族カード)の年会費は1枚目が無料!2枚目も1,000円と割安に

まずは家族カードの年会費についてです。

家族カードの年会費は1枚目は無料、2枚目も1,000円(税別)とかなり割安で所有できます

年会費本会員家族会員
1枚目1万円(税別)無料
2枚目以降1,000円(税別)

後述していますが、家族カードであっても90%以上の特典が本会員と同じように受けられます

また、本会員のdカード GOLDに対し家族カードは最大3枚まで追加発行が可能です。

本来であればdカード GOLDを合計4枚を保有すると4万円の年会費がかかりますが、家族カードを追加することで本会員を含め年会費は最大でも12,000円以内に収まることになります。

4人家族でゴールドカードを割安で保有できるのは大きなメリットです。

家族カードでもETCカードが追加発行できる

続いては家族カードのETCカードについてです。

dカード GOLDは、家族カードであってもETCカードを追加で申し込みすることができます。

また、ETCの年会費も本会員と同じく家族会員も無料です

ETCの年会費dカードdカード GOLD
本会員500(税別)*年1回以上のカード利用で無料無料
家族会員

上記の通り、一般クラスのdカードに比べdカード GOLDは無条件で無料となるため、普段高速道路を利用する機会が少ない人にもおすすめできます。

また、家族カードのETCカードでも、高速料金に対し1.0%のdポイントが還元されます。

さらにETCマイレージを登録しておけば、dポイントに加えてNEXCOの道路なら10%がポイント還元され、時間帯の割引も同じく特典として付いてきます。

家族カード1枚につき1枚のETCカードが追加できるため、家族それぞれでETCが所有できるメリットもあります。

家族カードのETCについて詳しく知りたい方は【dカード GOLD】家族カードのETC【申し込みや引き落としなど】を参照ください。

dカード GOLDの家族カードが発行できる家族は誰まで?

続いては、家族カードを作成する条件について解説します。

dカード GOLDの公式サイトには、家族カードの作成の条件について以下のように記載しています。

・家族会員は生計を共にする満 18 歳以上(高校生は除く)の配偶者、お子様およびご両親 に限ります。但し本会員が学生の場合は配偶者に限ります。

このことから、dカード GOLDの家族カードが発行できるのは、本会員の配偶者、高校性を除く18歳以上の子供、両親、配偶者の両親までとなります

また、配偶者についてですが、アメリカン・エキスプレスカードのように婚約者や恋人まで発行できるカードも存在しますが、dカード GOLDの場合は婚姻届が受理された配偶者のみが対象です。

家族カードの対象(配偶者)可否
内縁の妻(婚約者、事実婚)申し込みできない
恋人申し込みできない
同性のパートナー(LGBT)現時点では申し込みできない

上記の通り、市町村役場にて婚姻届を出し、それが受理された物が配偶者として認められます。

そのため、内縁の妻や恋人ではdカード GOLDの家族カードを申し込みすることはできません。

家族カードの申し込み条件については【dカード GOLD】家族カードの申し込みと条件【誰が作れる?】で詳しく解説していますのでご参照ください。

dカード GOLD(家族カード)の最大のメリット

メリットについて
クレカ
クレカ
家族カードにはどんなメリットがあるの?
何と言っても本会員とほぼ同じ特典が受けられる所さ!
クレオ
クレオ

続いては、dカード GOLD(家族カード)の具体的なメリットについて解説します。

dカード GOLD(家族カード)の最大のメリットはその特典の多さです

dカード GOLDの特典本会員家族会員
ドコモ携帯・ドコモ光10%ポイント還元対象対象
ケータイ補償最大10万円最大10万円
dカードゴールドデスク使える使える
年間ご利用額特典対象集計のみ対象
海外旅行保険最高1億円最高1億円
国内旅行保険最高5,000万円最高5,000万円
海外・国内航空便遅延補償対象対象
お買い物あんしん保険最高300万円最高300万円
空港ラウンジの利用無料無料
VJデスク使える使える
海外レンタカー優待対象対象
海外緊急サービス対象対象

上記の通り、ほとんど全てと言っても過言ではない特典が家族会員でも対象となります。

本来家族カードと言えば年会費が割安なだけに真っ先にいくつかの特典が削られますが、dカード GOLDに関してはその魅力を家族会員でも同じように利用できるのがメリットです。

ここでは、特にdカード GOLDを代表する特典である10%ポイント還元、ケータイ補償、年間ご利用額特典、海外旅行保険、空港ラウンジの無料利用について解説します。

家族カードのドコモ携帯・ドコモ光10%ポイント還元の特典

まずはドコモ携帯・ドコモ光10%ポイント還元についてです。

まさにdカード GOLDを代表とする特典ですが、家族カードであっても同じくドコモ料金に対し10%(1,000円(税抜)につき100ポイント)が還元されます。

dカード公式サイトに記載されたdカード GOLDの10%ポイント還元の特典内容

月々の携帯代やプロパイダー料金でポイントが稼げるのはメリットです。

ただ先に言っておきますと、10%ポイント還元にはポイントがつかない対象外となる項目があります。

10%のポイントがつかない項目
  • 各種手数料
  • 電報料
  • コンテンツ使用料/iモード情報料
  • コレクトコール通話料
  • ケータイ端末代
  • 消費税など

上記の通り、あくまで10%のポイントは月々のドコモ携帯やドコモ光の使用料金のみが対象です

携帯の端末代金や各手数料などはポイントの対象外となるため注意しておきましょう。

10%のポイントが付与されるか不安な方は【10%還元はウソ?】「dカード GOLD」に騙されたくない人は必見!携帯料金・ドコモ光でポイントが付かないという最悪の事態を回避しよう!を参照ください。

また、2019年6月からドコモの新料金プランであるギガホ・ギガライトがスタートしました。

ギガホ・ギガライトでもdカード GOLDの10%ポイント還元は、引き続き特典の対象となります。

ただ、これまでのシェアパックが廃止となり料金が個別に分散される形となったため、ドコモ料金でポイントを稼ぐなら以前にも増して家族カードの存在が重要となってきました。

dカード GOLDとギガホ・ギガライトに関しては【dカード GOLD】ギガホ・ギガライトでの注意点|10%ポイント還元特典は「新料金プラン」でお得・損するどっち?を参照ください。

家族カードのケータイ補償の特典

続いてはdカード GOLD(家族カード)のケータイ補償についてです。

家族カードにもケータイ補償が付帯しており、故障した端末に対し本会員と同じ条件で同じ金額が補償されます

公式サイトに掲載されたケータイ補償の内容

端末が水濡れ(水没)や全損などが原因で修理不能な状態や、盗難・紛失の被害にあった場合。

また、火災にあって焼失した場合でも最大10万円を限度に、同一機種・同一カラーの新しい端末が入手できます。

もし同じ機種・色の端末が在庫になかった場合はドコモ指定の端末に変更となりますが、それでも幅広いラインナップから機種が選べます。

もちろん、AndroidiPhoneどちらの端末も補償の対象とメリットの多い特典の1つです。

家族カードのケータイ補償については【dカード GOLD】家族カードのケータイ補償【内容と使い方】を参照ください。

家族カードの年間ご利用額特典の内容

続いては、dカード GOLD(家族カード)の年間ご利用額特典についてです。

こちらは、dカード GOLDの年会費1万円を回収しやすい最重要チェックの特典です。

ドコモの公式サイトに記載されたdカード GOLD年間ご利用額特典の内容

年間ご利用額特典は、年間のdカード GOLDの利用代金に応じてクーポンが配布されます。

年間ご利用額特典の内容
  • 年間100万円以上カードを利用した方は1万円(+税)分のクーポンが配布
  • 年間200万円以上カードを利用した方は2万円(+税)分のクーポンが配布

配布されるクーポンは、ケータイの購入、d fashion、d トラベル、d ショッピング、d デリバリーで使用することが可能です。

普段のお買い物にdカード GOLDで支払うだけで年会費の元が取れる魅力的な特典なのですが、残念ながら家族カードは特典の対象外です。

しかし、クーポンはもらうことはできませんが、年間のカード利用金額に対する集計は家族カードも対象となります

例えば家族カードを1枚追加した場合、本会員と家族会員の2人でそれぞれ50万円ずつカード利用した場合でも100万円到達と見なされ、1万円分のクーポンが1枚貰えます。

家族会員の人数が増えるほどハードルは下がり、毎年1〜2万円をペイできるのは大きなメリットと言えるでしょう。

家族カードの海外旅行保険の特典

続いては、dカード GOLD(家族カード)の海外旅行保険についてです。

実はdカード GOLDの海外旅行保険は、あのアメックスゴールドよりも手厚いのをご存知でしたか

項目dカード GOLDアメックスゴールド
年会費1万円(税別)2万9,000円(税別)
死亡・後遺症最高1億円(5,000万円は利用付帯)最高1億円(5,000万円は利用付帯)
傷害・疾病最高300万円最高300万円
賠償責任最高5,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高500万円最高400万円
救援者費用自動付帯利用付帯

あまり注目されていませんが、dカード GOLDの海外旅行保険の内容はゴールドカードの中でも最高水準です。

そしてdカード GOLDの家族カードは、家族会員でも本会員と全く同じ内容の保険が付帯します。

もちろん海外旅行保険以外にも、国内旅行保険航空便遅延補償、家族特約までもが同じく付帯します。

クレジットカードの旅行保険は旅行会社との併用ができるため、旅行保険費用の節約にもつながるメリットもあります。

家族カードの海外旅行保険について詳しく知りたい方は【dカード GOLD】家族カードの海外旅行保険【コスパ良すぎ】を参照ください。

家族カードの空港ラウンジの特典

最後はdカード GOLD(家族カード)の空港ラウンジについてです。

ゴールドカードでは定番の空港ラウンジですが、家族カードでも国内の主要空港+ハワイ・ホノルル空港のラウンジが無料で利用できます

対象となる空港
新千歳空港函館空港旭川空港青森空港
秋田空港仙台空港成田国際空港羽田空港
中部国際空港富士山静岡空港新潟空港富山空港
小松空港伊丹空港関西国際空港神戸空港
岡山空港広島空港米子空港山口宇部空港
出雲縁結び空港徳島空港高松空港松山空港
新北九州空港福岡空港大分空港長崎空港
熊本空港那覇空港ハワイ・ホノルル空港

*「空港ラウンジ」の詳細につきましては、公式サイトにてご確認ください

本来空港ラウンジを利用するには入場料が1,000円前後かかりますが、家族カードがあれば本会員と同じく無料で利用できます。

ラウンジ内には、ソフトドリンクが無料で飲めたり(*一部の空港ではアルコールも)、くつろげるソファーや軽食。

電源コンセントやフリーWifi、雑誌などもあり、休憩でも仕事でも使える快適な空間です。

*https://www.saisoncard.co.jp/credictionary/travel/haneda-powerlounge.htmlから引用
*羽田空港「POWER LOUNG」内の風景

ラウンジを利用する時は、手元に「dカード GOLD(家族カード)」と当日のフライトチケット(デジタル画面でも可)を用意しておきましょう。

「空港ラウンジ」の設備や内装はその空港ごとによって異なるため、サービスはピンからキリまでとなりますが、各都市の特色が出ていて楽しめます。

ぜひ対象の空港を訪れた際は「空港ラウンジ」を利用してみてください。

d払いにdカード GOLD(家族カード)を登録するとポイント二重取り、三重取りができる

ポイントについて
クレカ
クレカ
特典以外にも他にメリットはないの?
もちろんあるよ!家族カードを使ってガンガンポイントを貯めることもできるんだ!
クレオ
クレオ

続いては、dカード GOLD(家族カード)のお得な使い方について解説します。

これまで解説していきたとおり、家族カードは年会費が割安とは思えないほど特典はパワフルです。

しかし、まだまだ家族カードの魅力はこんな物ではなく、dカード GOLD本来の1.0%という高いポイント還元率を利用すればさらにポイントが稼げます

特約店についてはすでにご存知の方も多いはずですので、ここではd払いを使ったdポイントの二重取り、三重取りの方法について解説します。

 参考ページ 【d払い】「dカード」ならポイント二重取り、さらに三重取りが可能!お得な貯め方、使い方とは?

d払いとdカード GOLD(家族カード)でdポイントを二重取りする方法

まずはdポイントの二重取りについてです。

二重取りは簡単で、d払いにdカード GOLD(家族カード)を登録し、d払いの加盟店でd払いをするだけで実現できます

dポイント二重取りの内訳
  • d払いの利用による0.5〜1.0%の決済ポイント
  • dカード GOLD(家族カード)の1.0%のクレジット決済ポイント

d払いは街のお店なら0.5%、ネットショップなら1.0%のdポイントが還元されます。

そしてd払いで利用した代金は、後日dカード GOLDに設定してある口座から引き落としがあります。

つまり、実際にはdカード GOLD(家族カード)でも支払ったとと処理されるため、dカード GOLDのクレジット決済分として1.0%のポイントも同じく付与されます。

このように、d払いにdカード GOLD(家族カード)を登録すれば、1度のお会計で2つ分のポイント(→1.5〜2.0%)が付与されて大変お得です。

d払いとdカード GOLD(家族カード)でdポイントを三重取りする方法

続いてはdポイントの三重取りについてです。

三重取りには、d払いのアプリに備わっているdポイントカードの機能を使います。

d払いのdポイントカードのバーコード

dポイントの三重取りの手順は以下のとおりです。

dポイント三重取りの手順
  • d払いとdポイントカードの加盟店に行く
  • d払いを起動して、dポイントカードのバーコードをスキャンしてもらう
  • d払いで支払う

dポイントカードは加盟店でバーコードを読み取ってもらうだけで0.5〜1.0%のdポイントが付与されます。

d払いと併用すれば1度のお会計で3つ分のdポイントが付与されるため、合計で2.0%〜2.5%という高還元率でお買い物することが可能です

ただし、条件としてはd払いとdポイントカードの両方の加盟店でないとポイント三重取りができません。

ポイント三重取りができる主な加盟店
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • 高島屋
  • 上島珈琲店
  • サンマルクカフェ
  • かっぱ寿司
  • EXILE TRIBE STAION
  • エディオン
  • ジョーシン
  • 東急ハンズ
  • ノジマ
  • マツモトキヨシ
  • やまや
  • ビッグエコー
  • ジュンク堂
  • 丸善

上記の通り、限定的ではありますが決して少ないわけでもありません。

さらに、dポイントスーパー還元プログラムにエントリーしておけば、d払いのポイント還元率は最大で+7%にまでアップします。

dカード GOLD(家族カード)の特典に加え、d払いを駆使することで本会員の年会費1万円は軽く回収できるはずです。

 関連ページ 【dカード限定】「dポイントスーパー還元プログラム」がアツイ!期間やポイントの上限、攻略方法を完全解説!

dカード GOLD(家族カード)のデメリットや注意点

デメリットについて
クレカ
クレカ
家族カードにもデメリットはあるの?
少し特殊なカードだからね!デメリットと言うよりか注意点がいくつかあるんだ!
クレオ
クレオ

続いては、dカード GOLD(家族カード)のデメリットと注意点について解説します。

家族カードは本会員のdカード GOLDから追加という形で発行されるカードであるため、通常のクレジットカードとは異なる点がいくつかあります。

ここでは、家族カードならではのデメリットや注意点をご紹介します。

家族カードの限度額は本会員と共有して使う

まずはdカード GOLD(家族カード)の限度額についてです。

家族カードは本会員のdカード GOLDの限度額の範囲内で使用することになります

例えば本会員のdカード GOLDの限度額が100万円であった場合。

この場合は100万円を本会員と家族会員で分け合う形となります。

家族カードに対し個別で限度額が設定されることはないので注意しておきましょう。

 参考ページ 【dカード GOLD】家族カードの限度額【仕組みや引き上げ方法】

家族カードの支払い代金は本会員の口座からまとめて引き落としされる

続いてはdカード GOLD(家族カード)の代金の支払方法についてです。

家族カードで決済した代金は、全て本会員の口座からまとめて引き落としがあります

本来家計が管理しやすいといったメリットでもありますが、反対に不便に思う方も少なくないようです。

口座に関しては、家族カード専用の口座を設定できないので注意が必要です。

 参考ページ 【dカード GOLD】家族カードの支払い【口座別にする方法】

家族カードはdポイントを利用できない(使えない)

続いてはdカード GOLD(家族カード)のdポイントの利用についてです。

家族カードを使って付与されたdポイントは本会員のdアカウントに集約されていく仕組みとなっています。

そのため、必然的にdポイントを利用できるのは本会員のみとなります

ただ、ポイント共有グループを設定すれば家族会員でもdポイントが利用できる(使える)ようになります。

家族カードでdポイントの利用を希望する方は【dカード GOLD】家族カードのポイント共有【しない事も可能】を参照ください。

家族カードは入会キャンペーン特典の対象外

続いては、dカード GOLD(家族カード)の入会キャンペーンについてです。

家族カードを発行する場合、dカード GOLDの入会特典であるiDキャッシュバックキャンペーンは対象外となります。(*現在はdポイント期間・用途限定がもらえます)

入会キャンペーンの特典は、新規入会、もしくはdカード(DCMXを含む)からのアップグレードのみが対象です。

家族カードでも申し込み時には審査がある

続いては、dカード GOLD(家族カード)の審査についてです。

基本的に問題はありませんが、dカード GOLDに限らず家族カードの申し込み時には審査が行われます。

この審査は本会員の信用情報に対して行われるため、本会員に支払いの滞納や延滞があった場合は最悪審査に落ちる可能性もあるため注意が必要です

また、ドコモが家族カードの申し込み条件を満たしていないと判断した場合も、審査の段階で否決となる可能性もあります。

不要になればdカード GOLD(家族カード)だけ解約することも可能

退会のイメージ画像
クレカ
クレカ
家族カードだけ解約することもできるの?
もちろん!必要性を感じなくなったら今すぐにでも解約できるんだ!
クレオ
クレオ

続いては、dカード GOLD(家族カード)の解約方法について解説します。

もしも利用している内にやめたいと思えば、いつでも家族カードだけ解約することもできます

家族カードの解約方法は、dカードゴールドデスクに電話をして「解約したい!」と伝えるだけでOKです。

 参考ページ 【dカード GOLD】今すぐ家族カードだけを解約する方法【注意点】

家族カードを解約すると解約金や違約金はかかるのか?

dカード GOLD(家族カード)を解約しても、解約金や違約金といったお金は一切かかりません

解約金は家族会員以外にも本会員も同じく無料です。

不要になればリスクは0でサックと解約することができます。

dカード GOLD(家族カード)の紐付けや登録方法

登録について
クレカ
クレカ
家族カードって届いたらすぐに特典が使えるの?
それが家族カードが届いたらやっておくべき登録作業があるんだ!
クレオ
クレオ

続いては、dカード GOLD(家族カード)の紐付けと登録方法ついて解説します。

家族カードは届いたらその場で特典が使えるわけではありません。

家族カードは届いたら必ずやっておくべき2つの重要な作業があります

2つの重要な作業
  • ご利用携帯電話番号の登録
  • 利用者情報の登録

まずご利用携帯電話番号の登録ですが、こちらはドコモ携帯・ドコモ光料金10%ポイント還元や、ケータイ補償の特典に必要な作業です。

ご自身の電話番号と家族カードの情報がうまく紐付いてないと特典は対象外となります。

次に利用者情報の登録ですが、こちらはdポイントを利用する(使う)時に必要な作業です。

たとえポイント共有グループにて家族カードでもdポイントが使えるように設定したとしても、そもそも登録ができていなければdポイントを利用することはできません。

この2つの作業はポイントがつかない・使えない・特典の対象外といった最悪の事態を回避するための重要な作業です。

家族カードが届いたら必ず紐付けと登録を行うようにしてください

紐つけと登録の詳しい手順については【dカード GOLD】家族カードの紐付けと登録【わかりやすく解説】を参照ください。

dカード GOLD(家族カード)の申し込み方法

申し込みについて
クレカ
クレカ
家族カードってどうやって申し込みするの?
家族カードは3つの申し込み方法から好きなものを選択できるんだ!
クレオ
クレオ

最後は、dカード GOLD(家族カード)の申し込み方法について解説します。

家族カードのメリットに魅力を感じた方のために、実際に家族カードの作り方をご紹介します。

家族カードはインターネット・ドコモショップ・郵送の3つの方法から申し込みすることが可能です。

インターネットから申し込みをする場合

1つ目はインターネットから申し込みをする方法です。

作り方は簡単で、dカード GOLDの公式サイトにアクセスし、あとは必要事項を入力するだけで完了です。

ただ、申し込み画面に進むには本会員のdアカウントからログインが必要となるため予めIDとパスワードを準備しておきましょう

インターネットの場合、家族カードが届くまでの日数は1週間ほどとなります。

dカード GOLD(家族カード)の申し込みはこちら【公式】

ドコモショップから申し込みをする場合

2つ目はドコモショップから申し込みをする方法です。

作り方は、ドコモショップに来店し、スタッフに「家族カードを作りたい」と伝えるだけでOKです。

ただし、この場合は家族だけでなく本会員の来店も必要となります

また、本会員のカード情報も必要となるため、来店の際は「dカード GOLD」と本会員のdアカウントを用意するようにしておきましょう。

ドコモショップの場合、家族カードが届くまでの日数は1週間〜10日ほどとなります。

郵送から申し込みをする場合

3つ目は郵送から申し込みをする方法です。

作り方は、まずインターネットから専用の申し込み書類を取り寄せます。

書類が届いたら必要事項を記入し、ドコモに返送すれば申し込み完了となります。

郵送でのやり取りとなるため、家族カードが届くまでの日数は2週間〜3週間ほどです。

dカード GOLD(家族カード)の申し込みはこちら【公式】

今回のまとめは?

まとめ

今回はdカード GOLDの家族カードのメリットを中心に解説しました。

まとめると以下のようになります。

まとめ
  • dカード GOLD(家族カード)の年会費は1枚目は無料。2枚目以降も1,000円(税別)と格安で所有できます。また、家族カードからさらに追加でETCカードも発行することが可能です。
  • dカード GOLD(家族カード)の最大のメリットは特典の多さです。本会員のdカード GOLDとほぼ同じ特典が受けられます。
  • 特典以外にも、d払いに家族カードを登録することでさらに多くのポイントを稼げるというメリットもあります。
  • 家族カードは通常のクレジットカードとは異なる特殊な仕組みです。限度額や引き落とし口座、ポイントの利用制限を理解した上でお申込みください。
  • 不要になれば家族カードだけ解約するともできます。家族カードも解約金や違約金といった費用はすべて無料です。
  • 家族カードが届いたら、必ず「ご利用携帯電話番号の登録」と「利用者情報の登録」をしてください。これら2つは本懐員も含めdカード GOLDの必須作業です。
  • dカード GOLD(家族カード)はインターネット・ドコモショップ・郵送から申し込みすることができます。
クレカ
クレカ
家族カードを作るメリットはたくさんあるんだね!
家族全員にメリットがあるんだ!これで僕の父親としての威厳はなくなったんだ!
クレオ
クレオ
クレカ
クレカ
・・・。

今やゴールドカードの枠を超えて、多くのランキングサイトで上位を獲得しているdカード GOLD。

数多くの魅力的な特典ももちろんそうですが、家族カードも重要な要素の1つであるのは言うまでもありません。

ぜひこれを機会に家族カードを作って、dカード GOLDをさらにお得に利用してみてください。

今なら新規入会キャンペーン開催中!おトクな入会チャンスをお見逃しなく!

関連記事をみる