更新日2020年05月01日 公開日2019年11月23日

「dカード」はENEOS(エネオス)でdポイント1.5〜8.5倍貯まる!|ガソリンもお得に給油できちゃいます!

ガソリンをお得に給油できるクレジットカードは?

車をよく利用する方にとって、切っても切れないのが日々のガソリン代

国内のガソリンスタンドの約50%がENEOS(エネオス)であるため、こちらで特典があるカードをお探しの方も多いでのではないでしょうか?

そういった方であればdカードdカード GOLDがおすすめです。

「dカード」なら、エネオスでの給油でいつもより1.5〜8.5倍お得にdポイントを貯めることができます

そこでここからは、「dカード」とENEOS(エネオス)の特典について詳しく解説していきます!

今回の注目ポイントは以下の4つ

注目ポイント
  • 【予備知識】お得な「ガソリンカード」の選び方
  • 「dカード」でENEOSでポイントを「貯める」方法
  • ENEOSでの給油は「スーパー還元プログラム」でさらにお得に
  • よくある3つの「質問」【dポイント・Tポイント・d払い】

以上を中心にお話していきます。

それでは早速いってみましょう!

今回ご紹介するカード

【予備知識】お得なガソリンカードの選び方

それではまず1番最初は、お得なガソリンカードの選び方について解説します。

まだよく「ガソリンカード」についてご存知ない方は、ここでかんたんに予備知識を付けておきましょう。

読み飛ばしたい方はこちらへ→>次項:「dカード」でENEOSでポイントを「貯める」方法

「ガソリンカード」とは?

その名の通り、ガソリン代がお得になるクレジットカードのことです。
「1リッターの値引き」「ポイント還元」など、カードごとに特典が分かれます。

ENEOSにはフランチャイズもあるため、お店によっては会員現金価格→お店の会員になって現金で支払った方が割安な場合もありますが、基本的にはほとんど「ガソリンカード」を使った方がお得です。

「ガソリンカード」の特典は、主に以下3つの種類に分けられます。

3つの「種類」
  • 「一律値引き型」→ライトユーザー向け
  • 「ポイント還元型」→ライトユーザー向け
  • 「値引き変動型」→ヘビーユーザー向け

上記で1番お得になる特典は値引き変動型です。

このタイプのカードだと、ひと月のカード利用額→ガソリン代が多いほどリッターの値引きも大きくなるのが特徴です

しかし、かなりの金額を使わないと「値引き率」も上がらないため、おもに配送業などを行う法人向けのカードです。

そして「dカード」は、この中でポイント還元型のタイプに位置します。

メリットとデメリット
  • ポイントなので、その後の「使い道」が多い
  • 1リッターの価格が高額なほど「還元率」が上がる
  • もともとのポイント還元率が「低い」カードだとお得度も低い

1番のメリットとしては、1リッターの価格が高額なほど「還元率」が上がる点です

デメリットに関しては、「dカード」はもともとのポイント還元率が高いため気にする必要はありません。

それでは実際に、「dカード」だとENEOS(エネオス)ではどれくらいにお得になるのか、次項で詳しく見ていきましょう。

  • 「ガソリンカード」の特典は3つの種類に分かれる。
  • 「dカード」は「ポイント還元型」の特典で、リッター価格が高額なほどお得になる。
「dカード」でENEOSでポイントを「貯める」方法

それでは今回の本題に参りましょう。

「dカード」をENEOSで使用すると、通常のポイント還元率1.0%→1.5%にアップします

こちらは、「dカード」の特約店と呼ばれる特典によるものです。

「特約店」とは?

「dカード」を使用すると、通常よりも多くの「dポイント」が貯まる特別なお店のことです。

こちらの「特約店」にENEOS(エネオス)が加盟しているため、通常より1.5倍多くのdポイントが付与されます。

もちろん「ガソリン代」だけでなく、ENEOSでの「カーケア用品」や「灯油」の代金に対しても1.5%が還元されてお得です

そして「dカード」は、先ほどご説明した「ポイント還元型」の特典であるため、1リッターのガソリン価格が高額なほど還元率が上がります

実際にどれくらいお得になるのか「一律値引き型」と比較してみましょう。

「比較」する内容
  • 35リッター(軽自動車1台分)を給油した場合
  • 「一律値引き型」は、1リッター2円引きと想定

リッター価格支払い合計2円引きdカード
120円4,200円70円引き63円分のポイント
130円4,550円70円引き67円分のポイント
140円4,900円70円引き73円分のポイント
150円5,250円70円引き78円分のポイント

上記のとおり、リッター価格が高額なほど「dカード」の方がお得になっていくのが分かります。

だいたいリッター135円を境に「ポイント還元型」の方がお得になります。

本家のENEOSカード Sだと、ガソリン・軽油にのみリッター2円引きとなり、年会費も1,250円(税別)かかるため一般クラスの「dカード」→年会費0円であればよりコスパは高くなります。

また、ENEOSでお得になるクレジットカードが少ししかありません。

カードの一例
  • エネオスカード
  • 楽天カード
  • ANAカード
  • JALカード

国内の約50%のスタンドがENEOSであり、国内のクレジットカードが1,000種類以上ある中で、わずかこれだけのカードしかありません。

近年のガソリン価格の相場(140円前後)から見ても、ENEOS(エネオス)でお得に給油したい方にとって「dカード」は最適なクレジットカードの1つですよ

ちなみにポイントの貯め方は、ENEOSで「dカード」を使って決済するだけでOKです。

「dカード」の特約店は「クレジット払い」、もしくは電子マネーによる「iD払い」のいずれかが対象となりますが、ENEOSならどちらの支払い方法でもポイントが倍増します

「クレジット払い」や「iD払い」について詳しく知りたい方は、下記のリンクをご参考ください。

  • 「dカード」ならENEOSでポイント1.5倍で給油できる。
ENEOSでの給油は「スーパー還元プログラム」でさらにお得に

お次は、「dカード」を使ってENEOSでさらにお得に給油する方法をご紹介します。

その方法とは、dポイント スーパー還元プログラムを活用することです。

「dポイント スーパー還元プログラム」とは?

1つずつ各条件をクリアしていくことで、「d払い」「iD払い」のポイント還元率が最大+7.0%アップするキャンペーンです。
期間限定ではなく「無期限型」なので、1度エントリーするだけでずっと対象となります。
また、こちらは「dカード」と「dカード GOLD」会員の限定特典です。

こちらの特典と「特約店」によるポイント1.5倍が併用されることで、ENEOSでなんと最大8.5%の還元率で給油することができます

下記の条件をクリアしていくごとに、d払いiD払いのポイント還元率がアップしていきます。

項目判定条件還元率
dポイントクラブステージ当月のdポイントクラブの会員ステージがプラチナステージであること+1%
dポイントをためた回数前月のdポイントをためた回数の合計で判定する50~99回/月+0.5%
100回以上/月+1%
dカードでのドコモ利用料金の支払い(GOLD会員限定)前月末時点で、dカードGOLD契約者がドコモのご利用料金のお支払いにdカードを設定していること+1%
ネットのお店のお買物前月にご利用した以下①~④のネットのお店のお買物の合計金額で判定する
①d払いネットでのお買物、②ドコモ払いでのお買物、③SPモードコンテンツ決済でのお買物、④dマーケット等(月額・都度課金)でのお買物
20,000~49,999円/月+1%
50,000円以上/月+2%
dカード請求額前月のdカード請求額(毎月10日の確定請求額)で判定する100,000~199,999円/月+1%
200,000円以上/月+2%
合計※100円(税込)につき最大7ポイント還元します。最大+7%

1つでもクリアしている項目があれば、それだけで還元率は2.5〜3.5%と高還元カードです。

ひと月のdポイントの付与に上限はあるものの、「dカード」は以前にも増してお得に給油できる筆頭カードとなりました。

詳しい方法や特典の内容は、下記のリンクにて解説していますのでご参考ください。

  • 「dポイント スーパー還元プログラム」を活用することで、ENEOSで最大8.5%が還元される。
よくある3つの「質問」【dポイント・Tポイント・d払い】

最後は、「dカード」をENEOSで使用する際のよくある3つの質問について解説します。

ネット上でも特に以下3つに対する質問が多かったので、当サイトでも回答させて頂きます。

3つの「質問」
  • 「dポイント」はENEOSで使う(支払う)ことはできるのか?
  • 「Tポイント」は併用して付与できるのか?
  • ENEOSで「d払い」はできるのか?

結論から申しますと、上記3つは全てできません

それぞれ詳しく見ていきましょう。

「dポイント」はENEOSで使う(支払う)ことはできるのか?

貯まったdポイントは、ENEOSで使うことはできません。

「dポイント」が貯まる・使えるお店は、公式サイト→dポイントクラブで確認することができます。

本来「dポイント」が使えるお店は「dポイントカード」か「d払い」の加盟店ですが、ENEOSの場合はどちらにも加盟していません

従って「dポイント」を貯めることはできますが、支払いに使うことはできないので注意しておきましょう。

「Tポイント」は併用して付与できるのか?

ENEOSにて「dカード」で支払う時に、一緒に「Tカード」を使ってTポイントを付けることはできません。

こちらは公式サイトでも下記のような記載がされています。

※TカードとENEOSが発行するカード、ならびに以下の各カードの併用はできません。JXTGエネルギー ENEOS
「Tカード」と併用できないカード
  • ENEOSカード(C・P・S)
  • ENEOSカード(NICOS)
  • ENEOSキャッシュ
  • BODYカード
  • クレジット機能付きTカード
  • その他Tカード
  • ビューカード
  • 楽天カード
  • TS CUBICカード
  • ANAカード
  • JALカード
  • dカード
  • DCMX(旧dカード)
  • みずほマイレージクラブカード
  • レクサスカード
  • DIAカード
  • 東急カード
  • マツダm’z PLUSカード
  • セブンカード・プラス

基本的には、ENEOSで個別に特典があるカードが対象となります。

「dカード」も含めこれらのカードを使用した場合だと、決済時に「Tカード」を提示・挿入しても「Tポイント」は付与されないため注意しておきましょう。

ENEOSで「d払い」はできるのか?

現時点では、ENEOSでd払いを使用することはできません。

これまでご説明してきた通り、「dカード」では「クレジット払い」か「iD払い」でのみ決済が可能です

ただ、ドコモの公表では、2019年11月に「d払い」が「iD」のタッチ決済に対応→「iD」の加盟店でも「d払い」が使えるようになる取り組みを始めたことを発表しました。

そのため、今後は利用できるようになります。(*しかし、「d払い」では特約店の特典が対象外となるため、そのまま「iD」で支払った方がお得です)

「d払い」について詳しく知りたい方は、下記のリンクをご参考ください。

  • ENEOSで「dポイント」の使用、「Tポイント」の併用、「d払い」はできない。
今回のまとめは?

今回は、「dカード」のENEOS(エネオス)での特典を中心に解説しました。

まとめると以下のようになります。

まとめ

Q:『お得なガソリンカードの選び方は?』
A:基本的に3つの特典に分かれ、使う頻度によって向き不向きがあります。「dカード」は「ポイント還元型」に位置し一般者向け。ガソリン価格が高いほどお得さも増していきます。

Q:『ENEOSでdポイントを貯める方法は?』
A:ENEOSで「dカード」を使って「クレジット払い」か「iD払い」をするだけで可能です。「特約店」の特典により通常の1.5倍のポイントが付与されます。

Q:『さらにお得にする方法は?』
A:「dポイント スーパー還元プログラム」を活用することで還元率が最大+7%アップします。該当者であればENEOSでよりおトクに給油ができます。

Q:『ENEOSでdポイントの使用・Tポイントの併用・d払いはできるの?』
A:これらは全て利用できないため注意しておきましょう。

途中でも少し触れましたが、「ENEOS」でポイント還元率がアップするクレジットカードはかなり少ないです。

2019年にエッソ、モービル、ゼネラルがENEOSに統合されたことにより、利用する機会はさらに増えてきています。

これを機会にぜひ1度、「dカード」「dカード GOLD」を使ってお得に給油してみてはいかがでしょうか

今なら新規入会キャンペーン開催中!おトクな入会チャンスをお見逃しなく!

dカード GOLDなら、月々のドコモ料金でザクザクポイントが貯ります!

関連記事をみる